種類豊富なピル | 望まない妊娠を避ける!そのためにもピルを通販で購入しておこう

頭痛薬の種類が数多くあるように、ピルにも様々な種類があります。
含有されている女性ホルモンの量によって高用量ピル、中用量ピル、低用量ピル、超低用量ピルと4種類もあるので、まずはどのピルにするかを決める必要があります。
最も多く利用されているのは、低用量ピルです。
女性ホルモンの含有量は少ないのに、それで効果はもたらされるの?と思ってしまうかもしれませんが、もちろん問題ありません。
低用量ピルで十分避妊効果は期待することができます。
なぜ、この低用量ピルが最も利用されているのかというと、副作用が出にくいと言われているからなのです。
高用量ピルともなれば、含有量は多いので体内に投与される女性ホルモン量は非常に多いですが、その分体内のホルモンバランスは大きく崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、体内ではあらゆる副作用が生じてしまいます。
なので、高用量ピルや中用量ピルは、女性ホルモンの分泌量が極めて少ないなど、もともとの体質に異常がある人が服用するものになります。
通販を利用して購入する際には、安全度の高い低用量ピルか、超低用量ピルがいいでしょう。

また、ピルは1シートごとに服用していくのですが、そこにも違いが見られます。
1シート21錠のものと、1シート28錠のものがあります。7錠の違いは偽薬の有無です。
ピルの服用周期は28日で、21日間ピルを服用し続け、7日間は休薬期間となります。
その休薬期間を忘れてしまわないようにするために、1シート28錠の方には何の効果ももたらされない偽薬が含まれているのです。
もし、休薬期間を過ぎたのに飲み始めるのを忘れてしまいそうだな…と思うのであれば。1シート28錠の偽薬入りのピルにするといいでしょう。